南後志をたずねて

お知らせ

『BYWAY後志』第19号

2018年2月4日
 『BYWAY後志』第19号が発刊となりました。私は、以下の記事を寄稿しました。
  ・「ラジオ体操指導員最後の夏 近田金治さんが歩んだ昭和と平成」
  ・「発見! 寿都鉄道の駅名看板とダッチングマシン」
 一本目で取りあげた男性は岩内の方ですが、生まれは新潟で、戦時中は満州に住まわれており、引き揚げ後は稚内に移りました。命を落としそうになりながらも無事に引き揚げてきた経験談、トラックやダンプカーの運転手として生きてきたという生業の話、岩内に落ち着くに至った経緯、一線を退いたあとに地元のラジオ体操の会を引き受けた話など、盛りだくさんの内容を聞かせていただきました。二本目は、『B2ニュースレター』に以前寄稿した記事を少々詳しくしたものです。
 1月31日発行。後志管内の道の駅・コンビニ、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。1080円。
 遠隔地で購入希望の方は以下にご連絡を。BYWAY後志事務局(札幌市中央区南23条西12丁目1-4-503、電話011-531-0910、メール:byway(あっと)h.phoenix-c.or.jp)まで。


2018年1月24日
 2月15日(木)17時半から、北海道科学大学(札幌市手稲区前田)にて、講演することになりました。題目は「地方史をつむぐ 〜聞き取り取材から出版まで〜」です。過去の私の講演では、歴史そのものや研究成果について話すことが多かったのですが、今回は、取材対象者との出会いに始まって、話を聞き、資料を調べ、本にするまでの過程を話します。自己流ながらも積み重ね、身につけてきた技術や方法を紹介したいと思っています。ご興味がありましたら、ぜひお越し下さい。北海道科学大学E棟E303教室にて。申込不要、参加費無料。北海道科学大学北方地域社会研究所主催。詳しくは、チラシをご覧下さい(pdfファイル)。キャンパスマップはこちら


過去のお知らせ
  ・2017年のお知らせ
  ・2016年のお知らせ
  ・2015年のお知らせ
  ・2014年のお知らせ
  ・2013年のお知らせ
  ・2012年のお知らせ
  ・2011年のお知らせ
  ・2010年のお知らせ
  ・2009年のお知らせ
  ・2008年のお知らせ