南後志をたずねて

お知らせ

2017年10月26日
 寿都鉄道の駅名標に続いて、こんどはダッチングマシン(切符に日付を刻印する機械)が見つかりました。その経緯を、黒松内町観光協会の『B2ニュースレター』第12号(2017年10月20日発行)に寄稿しました。いずれ、観光協会HPにアップするということですが、まだネット上では読めません。
 読みたい方は、観光協会(bunasatotourism@gmail.com)に連絡願います。メールで送ってもらえます。印刷版が欲しいという場合にも対応してもらえるとのことです。

2017年9月11日
 9月30日(土)に、黒松内で講演することになりました。題目は「幕末から戦前までの黒松内 −資料と証言から解き明かす−」。歌才自然の家で、18時からです。参加は無料です。どんな話をするか、まだまとまっていませんが、これまで私が集めてきた資料や、聞き取り調査のなかから、町史に書かれていないことを中心に話したいと思っています。
 同日13時半からは「黒松内歴史探訪の旅V」、19時からは交流会も予定されています。こちらの二つは有料です。詳しくは、黒松内町観光協会まで。TEL& FAX: 0136-72-3597、Eメール:bunasatotourismあっとgmail.com。チラシも参照ください。


『BYWAY後志』第18号

2017年7月9日
 『BYWAY後志』第18号が発刊となりました。私は、以下の記事を寄稿しました。
  ・「寿都の民宿みはら 名物ママがあなたを待っています」
 豪勢な浜料理を出す寿都の民宿みはら。ここを経営する豪快なおかみさんに話を聞きました。写真は、寿都カメラの西村なぎささんが撮影してくれました。
 ほかに、「北前船と後志」(高野宏康)、「鉄板いつ捨てるの」(伊藤大介)、「里の川、有島灌漑溝がつくるもの」(葛西奈津子)、「ひとりの山」(菊地慶一)などが収録されています。
 7月7日発行。後志管内の道の駅・コンビニ、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。1080円。
 遠隔地で購入希望の方は以下にご連絡を。BYWAY後志事務局(札幌市中央区南23条西12丁目1-4-503、電話011-531-0910、メール:byway(あっと)h.phoenix-c.or.jp)まで。


寿都鉄道駅名看板

2017年7月7日
 先日、寿都鉄道の寿都駅と樽岸駅の駅名看板(駅名標)が見つかりました。廃止から半世紀たっての大発見です。その経緯について、黒松内町観光協会の『B2ニュースレター』第11号(2017年7月6日発行)に寄稿しました。いずれ、観光協会HPにアップするということですが、まだネット上では読めません。
 読みたい方は、観光協会(bunasatotourism@gmail.com)に連絡願います。メールで送ってもらえます。印刷版が欲しいという場合にも対応してもらえるとのことです。
 寄稿では触れていませんが、ひとつ追加でコメントしておきます。寿都の駅名標は「すつ」だったとよく言われますが、いちばん最後の駅名標は「すっつ」だったということが分かりました。


『花摘む野辺に − 夕張追憶』

2017年7月6日
 『花摘む野辺に − 夕張追憶』が出版されました。
 北海道の庶民史を記録し続けている菊地慶一さんが新刊を出されました。1984年(昭和59)5月5日に起きた夕張保険金殺人事件に遭った元同級生を追った第一部「夕張保険金殺人事件を歩く」、『幸福の黄色いハンカチ』の舞台である夕張日吉地区で出会った人たちを書いた第二部「夕張ルポ」などから成っています。編集作業を私が引き受けたので、南後志とは関係ありませんが、紹介いたします。1400円、A5版、244ページ(全モノクロ印刷)。ISBN:978-4-909144-05-8、書肆山住発行。
 お求めは minamisiribesiあっとhotmail.co.jp(山本)、または kk4771あっとbasil.ocn.ne.jp(菊地)まで。送料無料でお送りします。
 新聞各紙でも紹介されています。毎日新聞記事朝日新聞記事をご覧下さい。


『父は帰ってこなかった』

2017年2月8日
 『父は帰ってこなかった 北海道空襲で亡くなった人と残された人たち』を出版しました。
 戦争で家族を失った人たちは、どのように、その事実を見つめ、折り合いをつけ、その後の人生を歩んでいくのか。根室空襲で父を亡くした兄妹、戸井空襲で祖母と妹を失い、さらに目の前の海で母の従弟を亡くした男性に、故人の人柄や遺族の戦後を訊きました。『北海道空襲犠牲者名簿』の追補や犠牲者地図の改訂版も収録しています。800円+税、A5版、130ページ(全モノクロ印刷)。ISBN:978-4-9908542-9-4、書肆山住発行。なお、今回の本は南後志にはあまり関係ありません。
 お求めはminamisiribesiあっとまあくhotmail.co.jpまで。送料無料でお送りします。Amazonにも出品しています。
 詳しくは、宣伝用チラシをご覧下さい(pdfファイル)。


『BYWAY後志』第17号

2016年12月15日
 『BYWAY後志』第17号に、以下3本の記事を寄稿しました。
  ・「仁木町でミニトマトを育てる脱サラ農家」
  ・「『南後志に生きる』を書いて」
  ・「古平漁港の黎明期とその後」
 一本目では、私とおなじ気象庁で働いていた方が選んだ脱サラ農家の道を書いています。二本目は、6月に出版した『南後志に生きる』についての紹介を、大阪在住の元寿都町民の女性の回想を通して書きました。三本目は、編集部からの依頼により、古平漁港の歴史を簡単にまとめています。
 12月15日発行。後志管内の道の駅・コンビニ、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。12月25日頃から店頭に並ぶ予定です。1080円。
 遠隔地で購入希望の方は以下にご連絡を。BYWAY後志事務局(札幌市中央区南23条西12丁目1-4-503、電話011-531-0910、メール:byway(あっと)h.phoenix-c.or.jp)まで。

 

2016年10月3日
 黒松内町観光協会発行の『B2ニュースレター』に連載コラム「じり通信」を持つことになりました。10月1日発行の第8号からの連載です。現在のところ、インターネットで読むことはできませんので、読みたい方は黒松内町観光協会(bunasatotourismあっとgmail.com)まで連絡をお願いします。11月中には、バックナンバーを含め、インターネットで閲覧できるようにするとのことです。

2016年9月17日
 小著『南後志に生きる』に誤りがありましたので、正誤表を作成しました。ご指摘いただいた皆様、ありがとうございました。
 また、小著を黒松内町の「道の駅くろまつない トワ・ヴェール・ドゥー」「歌才自然の家」「黒松内温泉ぶなの森」で取り扱っていただくことになりました。
 取扱店の新設に伴い、宣伝用チラシを更新しました(pdfファイル)。

2016年8月17日
 小著『南後志に生きる』の紹介記事が8月17日付の函館新聞に掲載されました。ウェブでも読めます。こちらへ。
 また、以下のサイトで小著を取りあげていただきました。ありがとうございます。
 ・「わが森羅万象
 ・「シリベシアン(後志人)
 ・「熊式

2016年7月14日
 小著『南後志に生きる』を黒松内町の「NPO法人ひまわり」で取り扱っていただくことになりました。詳しくは、同法人のFacebookをご覧ください。黒松内郵便局の真向かいです。
 取扱店の新設に伴い、宣伝用チラシを更新しました(pdfファイル)。

『南後志に生きる』

2016年6月20日
 『南後志 −寿都・島牧・黒松内− に生きる』を出版しました。
 南後志に生きる人たち53人が語る個人史と、そこに見える町・北海道・日本の歴史を書いています。戊辰戦争・ニシン漁・出征・空襲・シベリア抑留・引き揚げ・寿都鉄道・国鉄・満鉄・開拓・炭焼き・鉱山・炭鉱・保健婦・養護教諭・ばんえい競馬・東京オリンピック・郵政民営化……、北海道の小さな地域に、多種多様な経験をしてきた人たちの物語がありました。
 2000円+税・A5版・610ページ(全モノクロ印刷)・書肆山住発行・ISBN 978-4-9908542-6-3。詳しくは、宣伝用チラシをご覧下さい(pdfファイル)。

 本書は、以下の店で取り扱っていただいています。
 ・道の駅「みなとま〜れ寿都」(寿都町)
 ・くどう書店(寿都町)
 ・田中電機商会(寿都町)
 ・ペンションメロー(寿都町)
 ・北海道オプショナルツアーズ「ほっとバス」(札幌市中央区北2西2 セコム損保ビル1階、6月23日から取り扱い予定)
 ・Amazon
 著者への直接申し込みも承ります。連絡先:minamisiribesiあっとまあくhotmail.co.jp。

 また、以下のサイトで、ご紹介いただいています。ありがとうございます。
 ・吉野鉄工館「Facebook
 ・黒松内町観光協会ブナ北限の里ツーリズム「Facebook
 ・風のふるさと寿都町


2016年5月1日
 寿都観光物産協会主催の「寿都鉄道を知る一日」が5月14日(土)に行われます。30人募集。元鉄道社員と私が、鉄道史を説明し、現地を案内いたします。申し込みは、5月9日までに協会へ(0136-75-7201)。詳しくはチラシをご覧ください(pdfファイル)。
 また、このフィールドワークを含めた一泊二日の寿都ファンクラブ会員向けツアーも用意されています。宿泊・朝夕食(海鮮バーベキューなど)・温泉も付いて、9800円です。詳しくは協会までお問い合わせください。


『BYWAY後志』第16号

2016年4月29日
 『BYWAY後志』第16号に「父(歌棄村助役)の事故死に始まった家族の旅路と、ニシン、石炭、国鉄、失われたものの記憶」を寄稿しました。余別村(現積丹町余別)出身の役場職員が、余別村から黒松内村を経て、歌棄村助役となるが、寿都の船入澗起工式に出席した帰りに事故死する。残された家族がたどった道のりを、千歳在住の娘さんが語ります。全6ページ。
 4月28日発売。後志管内の道の駅・コンビニ、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。大型連休をはさむため、5月10日頃から店頭に並ぶ予定です。1080円。
 遠隔地で購入希望の方は以下にご連絡を。BYWAY後志事務局(札幌市中央区南23条西12丁目1-4-503、電話011-531-0910、メール:byway(あっと)h.phoenix-c.or.jp)まで。

 

2016年4月9日
 『寿都五十話 ニシン・鉄道・鉱山そして人々の記憶』が著者のもとで品切れとなりました。今後は、委託販売先(寿都道の駅、田中電機商会など)でお求めください。

 
『BYWAY後志』第15号

2015年10月28日
 『BYWAY後志』第15号に寄稿しました。「島牧の山菜屋さん」と「幻の寿都鉄道1号機関車の写真発見」の2本です。10月25日発売。後志管内の道の駅・コンビニ、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。1080円。
 1本目では、炭焼きから山菜屋に商売替えした島牧村の男性に、炭の焼き方や山菜採りの年間スケジュール、昔と今の山菜商売の違いなどについて聞きました。2本目には、寿都鉄道の1号機関車の写真がはじめて見つかったこととその経緯、写真の背景などを書いています。
 見本ページで一部読めます。
 ・寿都で炭を焼いていた今年86歳の中村道三さん、今も9ヶ月は山菜をもとめて
 ・幻の寿都鉄道一号機関車ついにその姿を示す写真に遭遇
 遠隔地で購入希望の方は以下にご連絡を。BYWAY後志事務局(札幌市中央区南23条西12丁目1-4-503、電話011-531-0910、メール:byway(あっと)h.phoenix-c.or.jp)まで。

 
『小樽・後志の昭和』

2015年9月29日
 株式会社いき出版より、写真集『小樽・後志の昭和』が発刊されました。全600枚の写真のうち、寿都・島牧・黒松内が100枚あまりを占めています。これまでの類書と比べると、南後志3町村の写真が非常に多く収録されました。3町村の写真解説は私が書いています(黒松内駅の写真数枚を除く)。
 寿都小学校運動会、寿都鉄道、政泊小学校運動会、ブリ漁、ミス寿都、黒松内劇場、黒松内相撲大会、原歌小学校、横澗小学校、各神社の祭典、黒松内産業まつり、大金鉱山、寿都鉱山会館、本目岬灯台初点灯、宮内温泉など盛りだくさんの内容です。ほとんどの写真が初公開です。とくに、大金鉱山の元山にあった小学校、樽岸小川にいまも残る寿都鉄道の鉄橋が架けられた日の写真は貴重です。また、共和の写真家・前川茂利が撮影した後志各地についても1章が割かれています。ぜひご覧ください。A4判、一部カラー、全280ページ、ハードカ バー、税込み9990円。全国の書店で取り寄せできます。
 収録された写真の一部は、いき出版のホームページで閲覧できます。こちらへ。
 また、寿都町内で新聞折り込みされたチラシはこちらへ。

 
『寿都市街案内図』

2015年7月16日
 1957年(昭和32)に出版された『寿都町市街案内図』が復刻されました。札幌在住の元町民のお宅に60年近くも保存されていた地図を譲り受け、寿都観光物産協会と(株)シン技術コンサルの力でデジタル化ならびに印刷にこぎつけました。当方もわずかながら協力いたしました。道の駅みなとま〜れ寿都とゆべつのゆで発売中です。1部1500円。寿都のほか、樽岸・湯別・歌棄・美谷・磯谷の各市街地が掲載されており、合併直後には各地区とも活気があったことが分かります。
 遠隔地で購入希望の方は以下にご連絡を。道の駅みなとま〜れ寿都。電話:0136-62-2550。

 

2015年5月31日
 5月23日の寿都観光物産協会主催「寿都鉱山跡地の旅」に多数のご参加ありがとうございました。元鉱山従業員の息子さんにもおいでいただき、現地で解説してもらったおかげで、私もたいへん勉強になりました。今後も、観光物産協会とイベントを企画していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。
 なお、今回の参加者の皆さんが感想をアップしてくださっているので、以下に紹介します。
 ・「主婦バスガイド花子でございます!
 ・「高木晴光の 『田舎と都市との ・ 日々こうかい記』
 ・「風のふるさと 寿都町


2015年5月19日
 新潟県の株式会社いき出版が小樽・後志の写真集を作られることになりました。寿都・島牧・黒松内、また後志管内市町村の昭和初期から昭和55年頃までの写真がお手元にありましたら、提供していただけないでしょうか。詳しくはチラシをご覧ください(pdfファイル)。寿都町では、5月21日の朝刊に、このチラシが折り込まれます。


2015年4月30日
 寿都観光物産協会主催の「寿都鉱山跡地の旅」が5月23日に行われます。30人募集。申し込みは、5月20日までに協会へ(0136-75-7201)。詳しくはチラシをご覧ください(pdfファイル)。
 なお、上記の鉱山跡地フィールドワークを含めた一泊二日のツアーも用意されています。詳しくはチラシをご覧ください(pdfファイル)。


『BYWAY後志』通巻第14号

2015年3月29日
 『BYWAY後志』第14号に「寿都で働く若者たち 喫茶店主と道の駅店長が語る 私たちが寿都に来たわけと思うこと」を寄稿しました。3月27日発売。後志管内の道の駅・コンビニ、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。店頭には4月10日頃から並びます。1080円。
 寿都町内の喫茶店「茶豆カフェ」と道の駅「みなとま〜れ寿都」で働く2人を紹介しています。全5ページ。私の寄稿のほかには、黒松内作開物語、寿都町佐藤家住宅の遺構調査などの記事が掲載されています。とくにお勧めの記事は、作家菊地慶一さんによる「共和、小沢開拓はなぜ消えたのか(2) 戦後開拓とは何だったのか」、また写真家前川茂利さんの「積丹路」です。
 遠隔地で購入希望の方は以下にご連絡を。BYWAY後志事務局(札幌市中央区南23条西12丁目1-4-503、電話011-531-0910、メール:byway(あっと)h.phoenix-c.or.jp)まで。


2014年9月4日
 小著『寿都五十話』が第17回日本自費出版文化賞の地域文化部門賞に選ばれました。取材に応じて下さった町民・関係者の皆様、資料や写真をご提供下さった皆様、校正作業を手伝って下さった皆様、本のデザインやイラスト作成に当たって下さった皆様、印刷会社の皆様など、たくさんの方たちのおかげです。感謝申し上げます。詳しくはこちら


『BYWAY後志』通巻第13号&『HO(ほ)』通巻第82号

2014年7月25日
 『BYWAY後志』第13号に「寿都町と関わってきた集大成 『寿都五十話』を自費出版」を寄稿しました。7月15日発売。後志管内の道の駅・コンビニ、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。1080円。
 今年3月に出版した『寿都五十話』について書いています。全5ページ。私の寄稿のほかには、蘭越町の松原農園ワイン、共和町小沢の戦後開拓、キツネの育児手帳などの記事が掲載されています。
 遠隔地で購入希望の方は以下にご連絡を。BYWAY後志事務局(札幌市中央区南23条西12丁目1-4-503、電話011-531-0910、メール:byway(あっと)h.phoenix-c.or.jp)まで。
 また、『HO(ほ)』通巻第82号の特集「寿都・島牧 寄ってけ食ってけ ソーランドライブ」のうち、壽都神社と寿都鉄道のページ作成に協力しました。7月25日発売。道内の書店で取扱。600円。


2014年7月2日
 小著『寿都五十話』を以下のサイトでご紹介いただきました。ありがとうございます。
 ・「イニュ日記
 ・「FMいるか 暮らしつづれおり

2014年6月17日
 小著『寿都五十話』の正誤表を改訂しました。正誤表をご確認ください(pdfファイル)。

2014年5月27日
 小著『寿都五十話』を以下のサイトでご紹介いただきました。ありがとうございます。
 ・「シリベシアンのやさしい時間
 ・「良いことは広める
 ・「主婦バスガイド花子でございます!
 ・木田金次郎美術館スタッフブログ「どんざ丸

 小著は、現在、以下の店で取り扱っていただいています。
 ・道の駅「みなとま〜れ寿都」(寿都町字大磯町)
 ・北海道オプショナルツアーズ「ほっとバス」(札幌市大通西1さっぽろテレビ塔1階)
 ・Amazon
 ・くどう書店(寿都町字渡島町)
 ・ペンションメロー(寿都町字磯谷町)
 ・寺門商事(寿都町字大磯町)
 ・田中電機商会(寿都町字大磯町)
 ・日本海食堂(寿都町字磯谷町)


2014年4月16日
 寿都町観光協会・札幌市立大学デザイン学部上田研究室主催の「寿都鉄道を巡る旅」が5月3日に行われます。40人募集。申し込みは、4月28日までに商工会内観光協会へ(0136-62-2185)。詳しくはチラシをご覧ください(pdfファイル)。
 5月17日には、北海道オプショナルツアーズ株式会社主催の「春のスペシャル 昭和のノスタルジー・廃線探訪 寿都鉄道」が行われます。詳しくはオプショナルツアーズのHPをご確認ください。

 また、小著『寿都五十話』を以下のサイトでご紹介いただきました。ありがとうございます。
 ・「cony diary
 ・「わが森羅万象
 ・寿都町役場企画課「広報すっつ 2014年4月号
 ・函館ハリストス正教会「教会報 2014年4・5月号


2014年3月26日
 小著『寿都五十話』を以下のサイトでご紹介いただきました。ありがとうございます。
 ・「そらとらてとらぶ〜
 ・「寿都・島牧・せたな・それから
 ・道の駅みなとま〜れ寿都「Facebook」
 ・朝日新聞デジタル北海道「北の文化
 ・函館新聞「函新トピックス


2014年3月14日
 小著『寿都五十話』に誤りがあります。申し訳ありません。正誤表を作成しましたので、ご覧下さい(pdfファイル)。

 また、以下のサイトで小著をご紹介いただきました。ありがとうございます。
 ・「電子作文で行こう
 ・「ちびことでかこの兄弟日記
 ・後志地域総合観光情報サイト「しりべしだより


『寿都五十話』

2014年3月6日
 『寿都五十話 ニシン・鉄道・鉱山そして人々の記憶』を出版しました。
 1部2400円(本体価格)・A5版・784ページ(うちカラー10ページ、モノクロ774ページ)・書肆山住発行・ISBN 978-4-9906956-3-7。詳しくは、宣伝用チラシをご覧下さい(pdfファイル)。
 入手ご希望の方は、私宛にメールをいただければお送りします(送料無料)。メールアドレスはminamisiribesiあっとまあくhotmail.co.jpです。

 また、以下の店で取り扱っていただいています。
 ・寿都町の道の駅「みなとま〜れ寿都
 ・札幌市の北海道オプショナルツアーズ「ほっとバス」(大通西1さっぽろテレビ塔1階)
 ・Amazon

 以下のサイトでも、ご紹介いただいています。ありがとうございます。
 ・寿都吉野商店「やぐら通信
 ・寿都食堂・居酒屋「たつ巳のブログ
 ・ペンションメロー「寿都町風便り
 ・寿都パソコンサロン「風のふるさと寿都町


『BYWAY後志』通巻第12号

2013年8月26日
 『BYWAY後志』第12号に「寿都鉄道巡行」を寄稿しました。8月20日発売。後志管内の道の駅・コンビニ、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。1050円。
 今年の5月に、寿都鉄道の廃線跡に寿都町観光協会が駅名看板を設置しました。その経緯や、元寿都鉄道社員の思い出などを収録しています。
 遠隔地で購入希望の方は以下にご連絡を。BYWAY後志事務局(札幌市中央区南23条西12丁目1-4-503、電話011-531-0910、メール:byway(あっと)h.phoenix-c.or.jp)まで。事務局が従来のはまなす財団から移動していますのでご注意ください。


『探求・発見後志の旅』

2013年4月2日
 後志総合振興局観光振興係から、後志のとっておき情報を満載した小冊子『探求・発見後志の旅』が発行されました(受託:はまなす財団)。
 「地域の人だけが知っているとっておきのお宝」「地域では身近すぎて魅力に気付かずにいるお宝」「専門家やマニアにとってのお宝」を紹介しています。ふつうの観光パンフレットには載らない大金鉱山跡などのような場所まで掲載しています。私も編集に協力させていただき、寿都鉄道についてのコラムも寄稿しました。2013年3月発行。後志管内の道の駅などで配布中。
 後志総合振興局のホームページでも読めます。こちらへ。


2013年3月14日
 3月27日(水)の19時〜20時半に、寿都町総合文化センターにて、「ウィズコムカレッジ地域学コース 寿都海岸のニシン場を語る集い」が開かれます。私が講師を務めさせていただきます。対象は小学生以上〜一般、参加料は無料です。お問い合わせは寿都町教育委員会住民学習推進係(電話:0136-62-2100、FAX0136-62-2280、Email:kyouiku@town.suttu.lg.jp)まで。


『BYWAY後志』通巻第11号

2012年12月4日
 『BYWAY後志』第11号に「寿都町名物 小女子佃煮始まり物語」を寄稿しました。11月22日発売。後志管内の道の駅・コンビニ、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。1050円。
 寿都町内8つの水産会社でつくっているコウナゴの佃煮(生たきしらす佃煮)の始まりと発展の歴史、また、株式会社山下水産の佃煮製造の様子を書いています。(全6ページ)
 遠隔地で購入希望の方は以下にご連絡を。はまなす財団BYWAY後志事務局(札幌市中央区北5条西6丁目、TEL:011-205-5011)。


『BYWAY後志』通巻第10号

2012年5月26日
 『BYWAY後志』第10号に「寿都のまち中に七十年もの間採掘を続けた鉱山があった」を寄稿しました。5月20日発売。後志管内の道の駅、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。1050円。
 寿都鉱山で働いていた元従業員の方お二人の証言や当時の写真などを掲載しています。坑内の状況や労働組合・鉱山会館のエピソードなど盛りだくさんです。また、明治中期の探鉱に始まり武田鉱業、高田商会、三菱と経営が移り変わった歴史を資料をもとに書いています。(全4ページ)
 遠隔地で購入希望の方は以下にご連絡を。はまなす財団BYWAY後志事務局(札幌市中央区北5条西6丁目、TEL:011-205-5011)。
 公式HPはこちら


『東海丸の最期』

2012年4月17日 
 『東海丸の最期 −乗員と町民が語る寿都空襲−』を自費出版しました。前著『寿都空襲 〜南後志をたずねて〔一〕〜』を大幅改訂しています。東海丸に乗っていた船員・海軍兵の証言、船員とその妻がやりとりした手紙などを収録。また、島牧村栄浜で雷撃を受け沈没した遼海丸や、寿都に不時着した爆撃機「彗星」についても新事実が判明したので、書き直しました。
 1部1000円・A4版・177ページ・モノクロ印刷(表紙のみカラー)。寿都町の道の駅みなとま〜れ寿都、歌棄のマルトシ吉野商店で取り扱っていただいています。また、私宛にメールをいただければお送りします(送料80円)。メールアドレスはminamisiribesiあっとまあくhotmail.co.jpです。


『BYWAY後志』通巻第9号

2011年10月7日 『BYWAY後志』の通巻第9号に「元社員と振り返る寿都鉄道盛衰史」を寄稿しました。10月5日発売。後志管内の道の駅、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。1050円。
 寿都鉄道に勤務していた元社員お二人の証言をまとめています。従来の寿都鉄道関連の出版物には載っていない秘話が盛りだくさんです。昭和30年代の社員集合写真や見送りで賑わう寿都駅、解体中の蒸気機関車8105号の写真、寿都鉄道開通を伝える『函館毎日新聞』も収録。(全6ページ)
 遠隔地で購入希望の方は以下にご連絡を。はまなす財団BYWAY後志事務局(札幌市中央区北5条西6丁目、TEL:011-205-5011)


2011年8月23日 2011年8月22日付北海道新聞夕刊に「遼海丸撃沈 後世に伝えて」と題した記事が掲載されました。1943(昭和18)年8月22日に島牧村栄浜沖でアメリカ海軍潜水艦に撃沈された遼海丸と、それを目撃された方の証言を報じています。小著『寿都空襲』についても紹介していただきました。

2011年7月9日 小著『北海道空襲犠牲者名簿』を、寿都町の道の駅「みなとま〜れ寿都」で販売していただけることになりました。
 また、7月7日付の北海道新聞夕刊文化面に、本名簿についての一文を寄稿しました。

『北海道空襲犠牲者名簿』

2011年7月4日 『北海道空襲犠牲者名簿』を自費出版しました。北海道空襲により亡くなられた2626人の氏名・年齢・性別・空襲遭遇場所・出身地などを一覧表にしています。その他、犠牲者地図や船舶地図も収録しました。
 南後志関連では、寿都空襲で犠牲となられた16人のうち判明している9人の名前を記載しています。また、寿都出身者3人、島牧出身者2人、黒松内出身者2人が空襲により亡くなっていることも判明しています。
 1部1200円・A4版・220ページ・モノクロ印刷。メールをいただければお送りします(送料160円)。メールアドレスはminamisiribesiあっとまあくhotmail.co.jpです。


『悲しみの夏 語りつぐ北海道空襲補遺U』

2011年7月4日 北海道空襲を記録する会により『悲しみの夏 語りつぐ北海道空襲補遺U』が出版されました。北海道空襲に遭われた道内・道外各地の皆さん36人が証言を寄せています。寿都空襲関連では、東海丸に乗り組んでいた海軍兵・船員の証言が収録されています。また、空襲直後に船員が妻に宛てた手紙も収録されています。1部1000円(送料80円は別)、A5版・157ページ・モノクロ印刷。北海道空襲を記録する会にメールにて申し込んで下さい。メールアドレスは kk4771あっとまあくbasil.ocn.ne.jp です。


『BYWAY後志』通巻第8号

2011年3月10日 『BYWAY後志』の通巻第8号に「山中に眠る鉱山遺構 黒松内町大金鉱山」を寄稿しました。3月3日発売。後志管内の道の駅、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。1050円。
 黒松内町の大金鉱山に縁のある4人の方に伺った話や、鉱山の現在の様子について書いています(全5ページ)。
 遠隔地で購入希望の方は以下にご連絡を。(財)北海道地域総合振興機構事業産業部(札幌市中央区北5条西6丁目、TEL:011-205-5011)



2010年12月22日 2010年12月9日付北海道新聞夕刊に「戦中の年金記録復活」と題した記事が掲載されました。寿都空襲の生存者である元船員さんの空襲体験と年金記録の復活について書かれています。小著についても紹介していただきました。

2010年10月2日 小著『寿都空襲 〜南後志をたずねて〔一〕〜』に誤りがありました。訂正します。p5の表3において、「神戸高商出身」なのは、負傷した陸軍将校ではなく、戦死した陸軍将校です。初版・二版とも誤っています。申し訳ありません。


『BYWAY後志』通巻第7号

2010年9月22日 『BYWAY後志』の通巻第7号に「後志の戦争 『東海丸』生存者は語る 昭和二十年(一九四五)七月十五日寿都空襲」を寄稿しました。9月10日発売。後志管内の道の駅、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。1050円。
 『寿都空襲 〜南後志をたずねて〔一〕〜』出版後に生存者の方にお会いでき得られた証言や当時の船員の手紙などを紹介しています(全6ページ)。
 遠隔地で購入希望の方は以下にご連絡を。(財)北海道地域総合振興機構事業産業部(札幌市中央区北5条西6丁目、TEL:011-205-5011)
 公式HPはこちら


『悲しみの夏 語りつぐ北海道空襲補遺T』

2010年7月13日 北海道空襲を記録する会により『悲しみの夏 語りつぐ北海道空襲補遺T』が出版されました。北海道空襲に遭われた道内各地の皆さん35人が証言を寄せています。小著『寿都空襲 〜南後志をたずねて〔一〕〜』からも3人の方の証言が引用されています。1部900円、A5版・86ページ・モノクロ印刷。北見市の「北の書籍館」にて販売。または、北海道空襲を記録する会にメールにて申し込めば、送料無料で送ってもらえます。メールアドレスは kk4771あっとまあくbasil.ocn.ne.jp です。


『伝えたい寿都のはなし』

2010年6月5日 寿都町役場産業振興課・道の駅みなとま〜れ寿都より『伝えたい寿都のはなし』と題した寿都町のガイドブックが出版されました。寿都町の自然・歴史・産業が分かりやすく紹介されています。わずかながら管理人も協力させていただきました。道の駅みなとま〜れ寿都にて、1部100円で販売しています。A4版・16ページ・カラー印刷です。


2010年4月8日 『BYWAY後志』の通巻第6号に「ゾウが湯治にやってきた−島牧村宮内温泉−」を寄稿しました。3月31日発売。後志管内の道の駅、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。1050円。公式HPはこちら

2009年8月20日 『BYWAY後志』の通巻第5号に「寿都の空に飛行船がやってきた」を寄稿しました。8月20日発売。後志管内の道の駅、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。1050円。公式HPはこちら

2009年7月20日 小著『寿都空襲 〜南後志をたずねて〔一〕〜』を吉野商店さん(寿都町字歌棄町)でも取り扱っていただくことになりました。
 また、内容に誤りがありました。訂正します。奥付に「hotomail.co.jp」とあるのは「hotmail.co.jp」の誤りです。申し訳ありません。

2009年7月9日 小著『寿都空襲 〜南後志をたずねて〔一〕〜』に誤りがありました。訂正します。p31の24行目、「8人の海軍兵」とあるのは「7人の海軍兵・1人の陸軍将校」の誤りです。申し訳ありません。

『寿都空襲 〜南後志をたずねて〔一〕〜』

2009年7月8日 『寿都空襲 〜南後志をたずねて〔一〕〜』を自費出版しました。A4判・49ページ・モノクロ印刷で頒価300円です。寿都町の道の駅「みなとま〜れ寿都」でご購入いただけます。また、管理人宛にメールを下されば、お送りします(送料80円)。メールアドレスはminamisiribesi(あっとまあく)hotmail.co.jpです。


2008年12月30日 『BYWAY後志』の通巻第4号に「寿都の海岸で見つけた不思議な穴。」を寄稿しました。12月30日発売。後志管内の道の駅、石狩・後志管内の主要書店にて取扱。1050円。公式HPはこちら